So-net無料ブログ作成
検索選択

共和分を活用したペアトレード手法② [トレード手法]


前回までのお話でペア抽出までを簡単に説明しましたが、

ここからは、具体的なトレード手法についてご説明します。


例として対象期間:2016年4月1日~2017年3月31日の分析では、

ペプシジョンソン・エンド・ジョンソンのペアを確認できました。

線形モデル Y=αX+β+ε(X,Y:株価、α,β:定数、ε:残差)にあてはめると

Y=+1.22531X-0.17045+ε の関係があるようです。

(ペプシの終値:X、ジョンソン・エンド・ジョンソンの終値:Y、定数はRにより算出)


未知数である残差εの式に変形すると、

ε=Y-1.22531X+0.17045 になります。

XとYに上記期間の終値を代入したグラフが以下になります。


図1.png


エントリーポイントは、平均から乖離した時の平均回帰特性を活用する手法になります。

そこで、20SMA(平均線)とボリンジャーバンド2σ(乖離具合)を表示しましょう。


図2.png


黄色丸がボリンジャーバンド2σを超過したポイント

即ち、平均から乖離していると判定しているポイントになります。


エントリーのタイミングですが、2σ超過後の平均方向への転換を

確認できたタイミングになります。


では、具体的にどのようなポジションをとれば良いのか。

グラフ一番右の黄色丸時点のポジションの取り方についてですが、

グラフが表しているモデル式は、ε=Y-1.22531X+0.17045です。

グラフの残差(赤線)は、平均回帰のため下降する方向に推移することが予想できます。

下降=残差εの現象なので、X→上昇、Y→下降 のポジションをとります。


ポジションを取るタイミングについては、シートを作成していますので、毎日自身で

終値を入力して、更新をしてシグナルが出たらエントリーという流れになります。


詳細は、次回に説明します。








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。