So-net無料ブログ作成
検索選択

共和分の関係とは [トレード手法]

共和分についての簡単な説明をします。

キーワードは、「単位根過程」と「定常過程」です。

尚、これらの内容を把握しなくてもトレード利用に支障ありません。

 

例えば任意期間の株価を抽出し、その期間の平均値と分散(終値のバラつき)を算出したとします。

一般的に算出期間が異なる場合、”株価の変動はランダムウォーク”の性質を有するため、

算出値が異なることがほとんどですが、1回差分(t時点の終値  t-1時点の終値)に着目すると

算出期間が異なっていても平均値と分散の値が一定(定常過程)になることがあります。

このような状態を”単位根過程”と言います。

 

次のステップでは、単位根過程に該当した銘柄を線形モデルに当てはめていきます。

ここでの線形モデルとは、Y=αX+β+ε XY:株価、α,β:定数、ε:残差)を表します。

1回差分が単位根過程の銘柄で構成された線形モデルは、同様に1回差分の単位根過程に従いますが、

稀に”差分”を取らなくても当てはめた線形モデル自体が定常過程(Y=αX+β+εの平均・分散が一定)に

なる場合があります。

このような状態を銘柄XYは、共和分の関係にあると言います。

 

トレードへの活用方法については、次回の説明になります。





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。